ウーマンラッシュアワー 村本大輔、インタビュー

「羽鳥慎一モーニングショー」で玉川徹さんがウーマンラッシュアワーの村本さんにインタビューをした。

12月17日の「THE MANZAI2017」で原発、沖縄、地震のあった地域の仮設住宅問題など盛り込んだ漫才をウーマンラッシュアワーが披露して話題になった。

インタビューで村本さんは今までの漫才の大会や色々な番組で出た中でも比較にならない反響があったと語った。

出身は福井県の大井町で大飯原発がある。弟は自衛隊員。

熊本の被災地で漫才をして、泣いている人もいた。

「なんで泣いているんですか?」と聞いたら熊本の地震のことはもう終わったものだということで世の中が進んでいっていて、小さな町がなにをいっても関心が向けられない。どんどん置き去りにされていったけれど、それに触れてくれたことがうれしいと泣いた理由を教えてくれたそうだ。

沖縄で漫才をしたときに「アメリカの思いやり予算よりも沖縄市民に思いやりをもて」と漫才をたら、拍手が止まらなくなって、音響のおじさんが涙を流して「ありがとうね」と言ってくれた。

なぜか聞いたら、「思ってくれることがうれしい」と答えてくれた。だから、被災地や沖縄の人に全国の番組でやるって約束した。

アメリカやヨーロッパでは風刺とか政治批判はお笑いでもやる。

アメリカやフランスに行ったときに日常の会話でも政治についてしゃべる空気があることを実感した。

芸人の役割についても村本さんは語る。

「発言力がめちゃくちゃ強い芸能人が沈黙というのは一番の悪じゃないかって思うわけですよ。今のテレビっていうのは芸人は別に芸人をやりたくて芸人をやってるわけじゃないですか。テレビに出たくて芸人をやっているから、芸人としての役割というのはちゃんと自分の思ってることを堂々と伝えるという役割は日本じゃない。それはやっぱり政治的に盲目になってる国なんで。だから芸人がそういう役割をやっていかないといけないんじゃないかなって。」